ふみmamaダイアリー

多趣味な私の
日々の生活の中で楽しかった事や発見したこと
手作りしたもの・・
これはと思うことを書いていきます☆
<< antica osteria BACIO(バーチョ) イタリアン 車道 | main | 松華堂菓子舗の生菓子 6月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
赤しそジュース
JUGEMテーマ:料理
 
赤シソジュース.jpg父の日のお祝いに実家に顔を出したら、赤しそが沢山あるから、ジュースを作りなさいと持たされました
仕事が増える〜と思いながら、『体にいいよ〜、顔のニキビが治る・・』などと言われ、ホイホイもらってきてしまいました
キレイな赤紫色のジュースができます。赤シソジュース2.jpg
                               こちらは、炭酸で割ってあります。

*材料*******

赤しその葉 ・・・300gくあいあったかな・・
・クエン酸・・・小さじ3(酢の場合1カップくらい・・適当)
・砂糖・・・300g(好みで加減)
・水・・・1.8リットル
*作り方*******
赤しその葉・・太い茎をちょっととって、水洗いする。
鍋に1.8リットルの沸騰させ、葉を入れて、葉が緑色になったら取りだす。
300グラムの砂糖を加え、小さじ3のクエン酸を入れる。
我が家では、サイダー・炭酸水・氷水で割ってのみますが、焼酎割りもおいしいそうです。
袋から出したら、紫色のシソの葉がこんなに  煮ると、緑色に・・赤シソ.JPG赤シソと鍋.JPG


香りは、紫蘇ですが、アセロラドリンクのようです

シソ(赤シソ)の効能

シソは漢方生薬などに使われますが、シソの葉は「蘇葉」と書き、「人を蘇らせる葉」という意味で名づけられたそうです。お刺身などにシソ(大葉)が必ずついているのは、食中毒や食あたりなどを防ぐためと、防腐剤代わりでもあります。

栄養価も野菜の中ではトップクラスで非常に高く、抗酸化作用が強いベータカロチン、カルシウム、カリウム等はホウレン草よりも豊富。鉄分やその他ビタミン、ミネラルも豊富です。

シソは縄文時代から薬として使われていたようで、煎じて飲めば風邪の初期症状が緩和されます。その他にも食欲を増し消化吸収を助け、胃腸が健康に働くといわれているペリルアルデヒドが含まれており、ペリルアルデヒドには制菌作用があります。

最近注目されているのは「ルテオリン」という栄養素で、抗アレルギーや抗炎症効果があるとされています。

青シソよりも赤シソの方がこれらの効果が強いと言われています。




| ふみmama | 毎日のごちそう | 06:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:26 | - | - |
始めてコメントさせていただきます。
健康的で美味しそうなジュース。
若返れるかしら???
| maririnn | 2010/06/23 12:11 PM |
コメントありがとうございます。
高校1年の娘が、バレエをやっていて健康志向なので、一緒に、毎日、飲んでます。
今日は、レクバレーの練習後、炭酸割りで飲みましたが、紫蘇の葉っぱ臭さが、体の疲れをとってくれる気がしました。
| ふみmama | 2010/06/23 11:48 PM |


http://fumimama.jugem.jp/trackback/178
このページのトップへ
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Album
New Entries
Comments
Categories
Archives
Links
Profile